人それぞれの趣味は違う

趣味としての音楽について

音楽を趣味にしている人は沢山います。
大まかに、音楽を聴くこと、演奏すること、作曲をすることなどに分けることができます。
音楽を聴くことは、演奏能力などが無くてもできることなので、誰でも容易に趣味として生活の中に取り入れられます。
また、ネットも普及し、より幅広く音楽に触れることができるので、自分の好きな音楽が見つけやすいです。
音楽ジャンルも沢山あり、好みが会う人同士で話すのも楽しいです。
趣味としての演奏の例としては、仕事とは別に個人的な活動としてライブを行ったりすることなどです。
最近ではネット上に演奏動画を投稿する人も多くいます。
この2つの例では、練習を積み重ねて人に認めてもらえるくらいの実力をもっていないとできないことです。
しかし、たとえ上手いといえるものでは無かったとしても、自宅で自分の好きなように楽しく演奏しているのならば、それももちろん趣味といえます。
大人になってから趣味として音楽教室に通う人も近年増えてきています。
作曲を趣味とする人も、ネットの普及で最近よく目にとまります。
一般の人が作曲ソフトを使って曲を制作し、動画共有サイトに投稿するというスタイルが流行っています。
家にいながらアマチュアとしてでも活躍することができます。
趣味も音楽も楽しむことが一番です。